年齢区分

旅客の区分

運賃及び料金のうち特急・急行料金、座席指定料金は、次の年齢区分に従って決められています。

大人(おとな)

12才以上の者。

小児(しょうに)/こども

6才以上12才未満の者。大人の半額
※6才児は小学校入学後。

幼児(ようじ)

1才以上6才未満の者。大人・小児が随伴する場合、1人につき幼児2人まで運賃・料金が無料
※6才児は小学校入学前。

乳児(にゅうじ)

1才未満の者。運賃・料金は無料

子供は、大人・小児・幼児・乳児のどれに当てはまるのか?によっては金額が変わります。

 

 

小児(こども)の運賃・料金

小児(こども)の普通旅客運賃、定期旅客運賃、特急・急行料金又は座席指定料金は、それぞれ大人の運賃・料金額を折半10円未満(5円など)は切り捨て10円単位とした額です。

 

幼児・乳児の運賃・料金

幼児・乳児の運賃・料金は基本的に無料。ただし次の場合は、小児(こども)の運賃・料金が適用されます。

  • 幼児が幼児だけで旅行するとき。
  • 幼児が乗車券を所持する6才以上の旅客(団体旅客を除く)に2人を超えて随伴されて旅行するとき。ただし、2人を超えた者だけ小児とみなします。
  • 幼児が、団体旅客として旅行するとき又は団体旅客に随伴されて旅行するとき(例えば遠足など)。
  • 幼児又は乳児が、指定を行う座席幼児又は乳児だけで使用して旅行するとき
    特別車両料金(グリーン券)、コンパートメント料金、グランクラス、寝台券(しんだいけん)、乗車整理券、ライナー券は、旅客の区分をせず、「おとな」と同額です。

 

特別車両料金(グリーン券)、コンパートメント料金、グランクラス、寝台券(しんだいけん)、乗車整理券、ライナー券とは

 

※小児(こども)・幼児・乳児は会社等によって扱いが異なるようです。例えば、JALの場合は「国際線において、幼児とは2歳未満、小児とは2歳以上12歳未満のお子様」となっています。

リンク

 

 

「運賃」と「料金」の違い

「運賃」と「料金」の違い

JRの運賃制度では「運賃」と「料金」は意味が異なるので注意が必要です。

「運賃」・・・駅から駅まで運んでもらうための対価。

「料金」・・・特急料金、豪華な設備の車両を利用できる(グリーン券)など、運賃に追加して付加サービスを受けるための対価

 

リンク

JR(鉄道旅客会社)の数

JR(鉄道旅客会社)は全部で6つあります。

旅客事業会社

  • 北海道旅客鉄道(JR北海道)
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  • 東海旅客鉄道(JR東海)
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)
  • 四国旅客鉄道(JR四国)
  • 九州旅客鉄道(JR九州)

貨物事業会社

  • 日本貨物鉄道(JR貨物)

 

JR東日本・JR東海・JR西日本
をまとめて「本州3社」と呼びます。

 

JR北海道・JR四国・JR九州

をまとめて「島3社」と呼びます・

 

リンク